政府は電子商取引会社のための新しい規則を通知しました

2020年7月23日、 中央政府 2019年の消費者保護法に基づいて、eコマース企業向けの新しい規則と規制が発表されました。政府は、以前の一連の既存の規則にいくつかの変更を加えました。

新しい規則は、オンラインで販売されるすべての商品に適用され、あらゆる種類の消費者紛争を解決して時間通りに効果的な結果をもたらす当局を設立することにより、消費者の権利を保護することを目的としています。



電子商取引会社に対して行われたこれらの新しい変更は、元々は2019年の消費者保護法の一部である、2020年の消費者保護(Eコマース)規則の対象となります。



政府はさらに、2020年7月20日から全国的に実施される予定だった新しい規則が2020年7月27日から国内で実施されることを発表しました。 ラム・ヴィラース・パスワン 、消費者食品大臣は、同じための会議に対処します。



2020年の消費者保護(Eコマース)規則に基づくいくつかの新しい規則のリスト:-

  • これは、マーケットプレイスまたは在庫主導モデルを通じてオンラインで販売されるすべての商品に適用されます。
  • ここで、企業は製品に「原産国」を表示する必要があります。会社がそうしなかった場合、法律に記載されている刑事訴訟のために予約されます。
  • また、インドで登録されているすべてのe-tailerにも適用されます。さらに、海外で登録しているがインドで製品を販売しているe-tailersもルールの対象となります。
  • 新しい一連の規則は、中央政府に不公正な慣行をチェックする権利を与えています。
  • 現在、企業は必要な対応を時間通りに行うことができる苦情処理担当官を雇うことが義務付けられています。
  • Eコマースプレーヤーは、販売されている商品やサービスの合計価格を表示する必要があります。
  • Eコマースプレーヤーは、オンラインで販売された商品の「有効期限」を表示する必要があります。
  • 現在、eコマースプレーヤーは、返品、返金、交換に関する詳細全体を表示する必要があります。
  • Eコマースプレーヤーは、販売する製品の保証と保証を表示する必要があります。
  • Eコマースプレーヤーは、配信の詳細と支払いオプションを共有する必要があります。

また読む ビッグバザールは、キャリーバッグの高額な請求で18,000ポンドの罰金を科されました